花魁ドリームのスペック・勝ち方や遊び方を解説

スロット

花魁ドリームのスペック

花魁ドリームの基本情報をご紹介します。リール数は3×3で、ペイライン数は5です。

またRTPは96.34%でジャックポットは非搭載となっています。最低ベット額は0.2ドルで、最高ベット額は100ドルです。開発は、ハワイアンドリームと同じくJTGが行っています。オートプレイは250Gまで可能です。

花魁ドリームは、ベラジョンカジノやインターカジノなどの先行導入されていたカジノではもちろんのこと、ミスティーノをはじめとした多くのオンラインカジノで遊ぶことができるようになっています。

 

花魁ドリームの大当たり確率を見ていきます。

花魁ラッシュの初当たり確率は181分の1で期待払い戻し額は約38倍です。継続率は約74%となっています。

ドキドキタイムの初当たり確率は345分の1で期待払い戻し額は約51倍です。

家紋ボーナスの出現率は389分の1で期待払い戻し額は約35倍です。リスピンは連続3回でラッシュが確定します。

1回目の確率は28.3分の1で2回目の確率は3.4分の1、3回目の確率は2.6分の1となっています。

花魁ドリームの遊び方

花魁ドリームは、リスピンをきっかけに高額賞金を手にできるゲームです。

ゲームの流れは、リスピンを重ねるごとに「花魁ラッシュ」や「ドキドキタイム」の発生率が高まり、リスピンが3回続けば「花魁ラッシュ」にはおおむね到達できるようです。

リスピンは図柄が揃うともう1ゲームおまけでプレイができます。

さらにランダムで発生する「家紋ボーナス」からリスピンや花魁ラッシュやドキドキタイムにも発展する可能性があります。

 

通常時のリスピンの確率は、28.3分の1で家紋ボーナスの確率が961.5分の1、花魁ラッシュの確率が1288.7分の1でドキドキタイムの確率が41666.7分の1です。

リスピン1回目の確率は、3.4分の1で家紋ボーナスの確率が50分の1、花魁ラッシュの確率が206.1分の1でドキドキタイムの確率が666.7分の1です。

リスピン2回目の確率は、2.6分の1で家紋ボーナスの確率が12.5分の1、花魁ラッシュの確率が103.1分の1でドキドキタイムの確率が3333.3分の1です。

リスピン3回目は、花魁ラッシュの確率が1.031分の1でドキドキタイムの確率が33.3分の1となっています。

ドキドキタイムと花魁ラッシュについて

虹色7が揃えばドキドキタイムになり、さくら色7が揃えば花魁ラッシュが発生します。さらに波・富士山が揃えばリスピンが発動する仕組みになっています。

その他の図柄は、招き猫、だるま、松、酒、各色の花札が用意されており、純日本な花魁ワールドが演出されています。

花魁ドリームでリスピンの合図となるのは、画面上部のさくらです。

ハワイアンドリームでは、これがハイビスカスでした。このさくらが金色に光りながら音が出たら、さらなるリスピンが確定します。この演出が賞金アップに繋がる合図であり、花魁ドリームの特徴です。

 

花魁ドリームではラッシュのパターンは1種類のみで、フリースピンが発生することを花魁ラッシュと言います。

花魁ラッシュは、桜色の7が揃うことで発生します。またリスピンが3回連鎖することでも花魁ラッシュになります。

1回だけでなく連鎖することもあり、高額賞金や他の当たりに発展することもあります。花魁ラッシュになれば、大きな配当を狙える可能性が広がるでしょう。

 

ドキドキタイムとは、虹色の7が揃うと発生するモードです。

花魁ラッシュ中に月の図柄がリール上に現れると、画面上部の月の色が青、緑、紫、赤と順番に変わっていき、ドキドキタイムに近づいていきます。

このモードでは、花魁がコスチュームに着替えていて、レベルが上がっていくにつれて徐々にコスチュームを脱いでいくという演出がされています。レベルは3段階用意されており、色んな意味でプレイヤーがドキドキする時間だと言えます。

 

さらに花魁のコスチュームも何種類か用意されており、最もレアなコスチュームはシークレットにされています。

コスチュームの種類は、着物、メイド、ナース、バニーガール、シークレットの5種類です。

種類ごとに配当や継続率が異なるので、それぞれ見ていきます。

メイドは、1タップ毎の配当は少なめですが、継続率が少し高めです。

ナースは、1タップ毎の配当は少し高めですが、継続率は普通です。

バニーは、1タップ毎の配当は高いが、継続率は少し低めです。

シークレットは、1タップ毎の配当が高く、継続率も高いです。

 

またドキドキタイム中は、プレイヤーも見ているだけではなく、ボタンの「連打(Combo)」と「一撃(Burst)」を選んで画面をタップする必要があります。そのパフォーマンスに応じて獲得できる賞金が変わるので重要な選択です。

連打を選ぶと、文字通り画面のボタンを連打する必要があり、連打することで配当が増えるため全力で連打しましょう。

一撃を選ぶと、一度のタップでまとめて配当を獲得できます。人目を気にする場合はこちらのボタンを使用するのも良いですが、ドキドキタイムの醍醐味が半減してしまいます。

 

家紋ボーナス

家紋ボーナスは、ランダムに発生するボーナスモードです。

リスピンからでもこのボーナスに発展する可能性があります。

このボーナスは、ルーレット形式のボーナスで、サイコロの出た目の分だけルーレットが回ります。

 

ルーレットは4段階で構成されており、「UP」のマスに止まると、1つずつ段階が少なくなっていき、最後まで「UP」を当てれると、ドキドキタイムなどの別のイベントや×1000マルチプライヤーにたどりつけます。

これ以外にも×2~×10のマルチプライヤーがあり、中心にたどりつけなくても回数を重ねることで高額賞金がもらえます。

ただし一度選んだところは「終」マスに変換されるため、再度選んでしまうとボーナスが終了してしまうので注意が必要です。また家紋ボーナスから花魁ラッシュやドキドキタイムに突入する場合もあります。

また複数回マルチプライヤーを獲得した場合は、それらは足し算されていく仕組みになっています。

例えば×2と×5を獲得したら、最終的に×7のマルチプライヤーを獲得したことになります。

 

花魁ドリームの勝ち方

花魁ドリームでは、花魁ラッシュからドキドキタイムに昇格させるのが必勝法です。

そこで重要になるのが、花魁ラッシュ中のみあらわれる「月シンボル」といわれるものです。

この月シンボルがリール上に止まると、画面上部の月の色が青、緑、紫、赤へと変化していきます。

この月の色によって最終ゲーム時にドキドキタイムに突入するかどうかが決まることになります。色が赤色に近づくにつれて確率は上がっていき、赤色まで変化するとドキドキタイム確定となります。

そのためとにかく月シンボルが落ちてくることを願って回数を回していくことになるでしょう。

さらに途中まで変化した月の色は引き継がれるため、継続すればするほどドキドキタイムへ突入する確率は高くなります。

 

花魁ドリーム通常時の演出

花魁ドリームは、通常時にも様々な演出があります。リール始動時の効果音がいつもと違ったり、リール始動時に花魁がしゃべりだしたり、リールが上方向に回転したり、花魁が持っているキセルを回したりする場合があります。

このような演出が起きた場合は、リスピンや配当、家紋ボーナスなどの可能性を示唆しています。

上記のようなボーナス等につながる演出もあるため、音を出してプレイすることをおすすめします。

花魁ドリームは、ゲームの中身も去ることながら、登場するキャラクターや演出の楽しさ・おもしろさが人気の秘密となっています。

それに加えてちゃんと配当も出ることから、演出面と実益の両面がバランスよくそなわっているゲームだと言えます。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました