マーチンゲール法の仕組みと正しい使い方を解説

攻略法

ギャンボラでも多くのプレイヤーが利用しているテーブルゲーム。バカラやブラックジャックなど人気は高いですが、テーブルゲームでは負けが続く可能性もあります。

そんな負けを取り返せる方法として、マーチンゲール法が良く利用されています。

この記事では、マーチンゲール法の仕組みについて説明します。また、マーチンゲール法を利用できるゲームや正しい使い方について解説します。

マーチンゲール法とは?

マーチンゲール法は、負けた次のゲームで倍のベット額を利用し、受け取った配当でこれまでの負けを取り返す手法です。

主にテーブルゲームで採用されている攻略法ですが、使い勝手の良さと簡単に負けを取り返せるというメリットがあるため、多くのプレイヤーが採用しています。

具体的な例を説明すると、マーチンゲール法は以下のルールに沿ってゲームを進めます。

  • 初期のベット額を決める
  • 勝利した場合は何もせず次のゲームに入る
  • 負けた場合は前回のゲームで賭けたベット額の倍額を賭ける
  • 連敗が続いた場合はベット額を延々と倍にする
  • 勝利した時点で最初のベット額に戻す

このようなルールがあります。最初に決めたベット額を基本的には維持し、負けた場合についてはベット額を倍にして次のゲームに挑戦するというものです。

どこかのタイミングで勝利すれば、マーチンゲール法によってこれまでに負けた金額が全て回収できるようになります。

実際にマーチンゲール法を利用した場合、このような形でベット額と配当が変動します。

ゲーム数 1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 6回目
ベット額 1ドル 2ドル 4ドル 8ドル 16ドル 32ドル
配当 2ドル 4ドル 8ドル 16ドル 32ドル 64ドル
利益 1ドル 1ドル 1ドル 1ドル 1ドル 1ドル

このように、マーチンゲール法を利用した場合、勝利した場合は最初のベット額が戻ってくる仕組みとなります。

負け続けたとしても、どこかのタイミングで勝利すればこれまでのベット額が戻ってきますので、安心してゲームに挑戦できるという利点があります。

 

一方で、負け続けるとゲームを続ける必要があります。

負けている状況で撤退すると大きな損を出してしまうのがマーチンゲール法です。どのような理由があったとしても、最後まで勝負し続けて負けを取り返すのがマーチンゲール法のルールなのです。

マーチンゲール法の正しい使い方

マーチンゲール法は2倍の配当を持つゲームで使うのが正しい使い方です。

3倍以上のゲームでも利用できますが、的中率が悪く勝てない可能性が高くなります。

少しでも勝ちたいと考えているなら、マーチンゲール法を利用できるゲームを理解しておくといいでしょう。

対象となるゲームは以下の通りです。

  • ブラックジャック
  • バカラ
  • ルーレット
  • シックボー(大小)

このようなゲームが用意されています。他にもギャンボラが採用している2倍の配当を持つゲームでは利用できますが、勝率が高いものを選ばないと損失を拡大させる可能性があります。できる限りシンプルに勝ちやすいゲームを考えておきましょう。

 

次に初期のベット額をあまり増やさないようにします。

これはテーブルリミットに引っかかる恐れがあるためです。初期のベット額を10ドルにすると、5連敗後にベット額が320ドルに到達します。

これは一部のゲームでテーブルリミットに引っかかり、対象となる金額がベットできず遊べなくなります。ベット額を確実に入れるために、どれだけ高くても3ドル程度に調整してください。

 

後は対象となるゲームで遊び、指定された方法でマーチンゲール法を繰り返します。

基本的に勝つまで同じ方法を繰り返すこととなるため、負け続けると飽きてしまう場合もあります。

ただ、マーチンゲール法で勝てば負けた金額は取り返せるため、どれだけ負けてもまだまだチャンスがあるものと判断して勝負できるのはいいでしょう。

 

なお、マーチンゲール法は勝利によって初期のベット額が利益として加算されます。

10回程度繰り返せばそこそこの利益として返ってくるため、手堅く稼ぎたいと考えている人はマーチンゲール法を毎日10回程度繰り返すことで、数万円程度の利益を月に確保できるようになります。

マーチンゲール法の注意点

マーチンゲール法の注意点として、以下のポイントに気をつけておきましょう。

  • 特殊なベットを利用しない
  • 勝率の低いゲームは避ける
  • ベット額の高いゲームは避ける

このような注意点をしっかり守りましょう。特に特殊なベットを採用しているゲームについては、勝手に特殊形式で遊ばないように気をつけましょう。

ここからはマーチンゲール法の注意点を詳しく説明します。

特殊なベットを利用しない

特殊なベットを採用すると、負けた時の損失を拡大させる可能性が高くなります。

マーチンゲール法は、シンプルに負けた金額を倍にしてベットしていく方法ですので、特殊な方法を利用して負けた金額は取り返せません。

特殊な方法を採用しているブラックジャックでは、ベットを追加して勝負できる形式もあります。ただ、マーチンゲール法ではベットを追加した場合は勝てなくなりますので、基本的に利用しないでください。

スロットなど勝率の低いゲームは避ける

勝率の悪いゲームは避けてください。2倍の配当を一応持っているスロットでも利用できるように感じられますが、的中率が悪く勝てなくなってしまいます。

スロットでマーチンゲール法を利用するのは無謀な行為ですので、絶対に避けましょう。

ベット額の高いゲームは避ける

ルーレットの中に、ベット額が高いアメリカンルーレットが存在します。

アメリカンルーレットでは最低ベット額が10ドルなど、マーチンゲール法をプレイする際に足かせとなるベットの下限があります。

少額からプレイできるゲームに絞って、マーチンゲール法を使って勝つように心がけましょう。

まとめ

マーチンゲール法は、オンラインカジノにおける攻略法として多く採用されています。

ギャンボラでも、ブラックジャックやバカラ、ルーレットといった定番ゲームで利用することで、これまでに負けていた金額を簡単に回収できる可能性があります。

慣れれば誰でも利用できる攻略法の1つとなっていますので、マーチンゲール法は覚えて損はない手法です。初心者でも使い方を覚えて実践しましょう。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました