ギャンボラでも多くのプレイヤーが遊ぶバカラのルールや攻略法を解説

バカラ

どのオンラインカジノでも高い人気を誇るバカラ。ギャンボラでもライブカジノを中心としたバカラが人気です。

このバカラは一見すると運要素のかなり強いゲームとなりますが、実際には攻略法を覚えていないと負ける傾向があります。

この記事では、バカラの遊び方やルールについて解説します。また、勝つために必要な攻略法を取り上げる他、ギャンボラでバカラを遊ぶ際のテクニックも紹介します。

バカラの遊び方

バカラはテーブルに入ると、現在のゲームが進行しています。このゲームが終わってから賭けるという形になります。

賭けられるようになった場合、プレイヤーとバンカー、どちらが勝利するか賭ける形になります。

双方が引き分けだと思った場合はタイに賭けても構いません。賭ける際は制限時間が決まっているため、制限時間内に全てのベットを終えるようにしてください。

 

賭けが終了すると、ディーラーがカードをプレイヤーとバンカーの双方に配り、公開します。

この数字が高かった方の勝ちとなります。勝利した場合は配当が支給され、負けた場合は没収となります。

これを繰り返し、自分が納得できる配当を得られるか撤退しなければならない金額まで減った時点で終了となります。

バカラのルール

ギャンボラで採用されているバカラは、特殊なルールを持っているバカラが少ないため、定番の方法で解説します。

バカラはプレイヤーとバンカーの2つに分けられていますが、バンカー側が若干ですが勝ちやすいように作られています。

バンカーが勝ちやすいという影響により、バンカーの配当は1.95倍に設定されており、厳密に2倍の配当が得られなくなっています。なお、プレイヤー側が2倍です。

 

プレイヤーとバンカーの双方に、ペアと呼ばれるベット先が用意されています。これは、プレイヤーかバンカーが勝利した上、配られた2枚のカードが同じ数字であれば配当が支給されるゾーンです。

配当は用意されているソフトウェアによって変わりますが、10倍が多くなっています。

 

プレイヤーとバンカーが引き分けた際は、賭け金が戻ってくる仕組みとなります。ただ、タイに賭けている人に限り、8倍の配当が支給されます。

この配当についてもソフトウェアによって変わりますが、通常の配当よりも高く設定される場合が多くなります。

バカラの数字に関するルール

バカラで利用されるのはトランプですが、トランプの10以上の数字は全て0扱いとなります。具体的には、10と絵札が全て0として加算されるため、バカラでは全く役に立たない扱いになります。

また、Aについては1として計算されます。

ブラックジャックでは11としても利用できましたが、バカラでは普通の1として扱うため、数字を増やす方法はできません。

3枚目のカードを引くルール

バカラでは3枚目のカードを引くルールが用意されています。

これは負けている側がカードを引く手法となっており、相手側の数字が7以下であり、自分の数字が一定よりも少ない場合、ルールに沿ってディーラーが3枚目のカードを追加します。追加できるのは片側だけで、双方が3枚目を引くルールは基本的にありません。

3枚目を引いたことで、数字が高くなって勝利する場合もあれば、逆に高い数字を引いたことで数字が悪くなり、負けるパターンもあります。3枚目を引くという行為は、勝利にも敗北にも繋がるのです。

なお、8と9が成立している場合、双方が3枚目を引くこと無くそのまま勝敗が決められます。

プレイヤーは賭け以外に何も出来ない

バカラはプレイヤーの行動が大幅に制限されています。できることはベットです。それ以外の行動については何も認められていません。

ゲーム中はディーラーの行動を見ているだけとなりますので、技術介入については出来ないものと判断してください。

これはギャンボラに限らず、他のオンラインカジノで採用されているバカラでも全て同じルールとなります。

バカラの攻略法

バカラの攻略法としては、賭け方を考える必要があるでしょう。

技術介入要素がないゲームですので、基本的にゲームに介入して勝利するという方法は取れないのです。

大きな金額をつぎ込んで勝負したい気持ちはわかりますが、いきなり大金をつぎ込むと負ける可能性が高まってしまいます。

そこで、負けないためにオンラインカジノで利用できる攻略法を活用するといいでしょう。

マーチンゲール法

マーチンゲール法は、負けた際に賭け金を倍にして勝負する方法です。

バカラではプレイヤー側を利用すればマーチンゲール法で負けた金額を確実に回収できます。バンカー側でもある程度は回収できますが、賭け金が多すぎると回収できない可能性があります。

マーチンゲール法を利用する場合は、賭け金の設定をあまり高くしないように気をつけましょう。

最初の賭け金が多すぎると、倍にしていくことでとんでもない賭け金となってしまい、ベットできなくなります。

 

また、マーチンゲール法は軍資金がかなり必要となる方法です。

10連敗した時の金額も想定した上で軍資金を準備するように心がけましょう。

パーレー法

もう1つの方法として、パーレー法があります。

これはマーチンゲール法の逆パターンとなっており、勝利した時に次の賭け金を倍にしていく方法です。

パーレー法を利用すると、2倍しか配当を受け取れないバカラでも高額な配当が期待できます。

 

ただ、パーレー法は止め時が分かりづらい傾向にあります。

調子に乗って勝負し続けた結果、100ドル以上の配当を失う恐れがあります。

本当に勝ちたいと考えているなら、どこでパーレー法を止めるのかしっかり考える必要があるでしょう。

ギャンボラのバカラで使えるボーナス

ギャンボラでは、バカラでも入金ボーナスや登録ボーナス、リベートボーナスが使えます。

入金ボーナスが豊富に用意されているギャンボラでは、ボーナスを利用して軍資金を確保するという方法が使えます。

また、バカラで増やした金額を活用し、ボーナスを出金できる状況まで持っていくという手法も使えます。

 

ただ、ボーナスを利用する際、バカラはライブカジノとして扱われますので、10%分しか金額に計算されません。

バカラで1ドルを利用しても0.1ドルを使ったという計算しか適用されないため、ボーナスを出金させるまでには多くの時間が必要となってしまいます。

 

ギャンボラでボーナスを利用したゲームをする場合は、バカラ以外のゲームでもお金を使い、ボーナスを出金できる状況に持っていく必要があります。

また、ボーナスをバカラだけで利用する場合は、ボーナスの出金条件がかなり厳しくなる点に気をつけておきましょう。出金条件を満たせない場合はボーナスを放棄するのも1つの方法です。

まとめ

バカラはオンラインカジノの定番として導入されている他、ギャンボラでも多くのプレイヤーが参加するゲームとなっています。

プレイヤーがゲームに介入するという要素が無いため、完全な運勝負で遊べるのです。手間がかからないという視点でも評価できるゲームでしょう。

 

バカラで勝つ場合は、ベットする方法を考えておく必要があります。また、オンラインカジノで使えるボーナスもできる限り組み合わせていくと安心です。

ギャンボラのように、用意されているボーナスが豊富な場合は、バカラで利用できる軍資金を確保しやすいメリットがあるでしょう。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました