トランプに関する雑学!これであなたもトランプマスター

オンラインカジノ

子供から大人まで行えるゲームとして一般的にも普及されているトランプですが、トランプにはいろいろなゲームがありますよね。

当然、カジノゲームにおいてもトランプを使うゲームは多数あり、カジノを普段から利用している人にとっては有名なものも多いでしょう。

ただ、ゲームの種類やルールは知っていたり聞いたことがあっても、トランプにまつわる話は聞いたことがある方は少ないのではないでしょうか?

ということで、今回はこのカジノでも一般的にも利用されているトランプに関して、ゲームのルールとは少し違った面から見ていこうと思います。

トランプについてのあっと驚く雑学や発見があるので、トランプゲームが好きな方は知っておくと面白いですよ。

トランプの枚数には意味があった?

トランプは、日本ではカードを使用した室内用の玩具を指すために用いられている用語で、もっぱら4種各13枚の計52枚(+α)を1セットとするタイプのものを指して言うことが多い。

「プレイング・カード」(英語:Playing card)「西洋かるた」とも。

多種多様なゲームに用いられるほか、占いの道具としても手品(マジック)の小道具としてもよく用いられる。
(Wikipediaより引用)

というように、一般的なトランプは52枚で構成されているのはご存じかと思います。

でもよく考えてみて下さい。

何故52枚なのか?

そしてここにジョーカーを足したら54枚になっちゃうけど意味はあるの?と思った方はいませんか?

実はこのトランプの枚数にはしっかりとした意味が込められており、この52枚という枚数は「1年を週で数えた時」と同じ数になります。

これだけではわかりにくいので、もっと細かく見てみましょう。

 

まず、トランプには4つのマーク(スート)がありますよね。

これは四季を表しており、

  • クローバー…春
  • ダイヤ…夏
  • ハート…秋
  • スペード…冬

といった具合になります。

 

そして、トランプのスート毎の枚数はA~Kの13枚あります。

こちらは週を数えており、季節毎の13週を数えている、というわけです。

1週間を7日として数えた場合の1年は、

7日×13週=91日

91日×4=364日

となります。

これで1年と言いたいところですが、これだと1日足りませんよね?

ここでジョーカーを使います。

ジョーカー1枚をプラスすることで365日。もう一枚はうるう年を数える時の為に利用します。

このように、トランプの枚数には1年の周期が記されていたのです。

カードの枚数そのものに意味があるなんて、面白いですよね。

スートの意味は四季だけではなかった!

先程の内容で、トランプ自体に込められた意味はおわかりいただけたかと思いますが、4つのスートが示す意味はなんと四季だけはありません。

こちらのスートには、中世ヨーロッパ時代の役職がそれぞれに割り当てられているのです。どれがどの役職なのか?については以下で解説していきます。

クローバー

よくクローバーと呼ばれるこちらのスートは、元々はクラブ(棍棒)から来ています。

棍棒を利用するとして、農民を象徴としているのがこちらのクローバーです。

そして、クローバーは火の星座、として位置しているということです。

ダイヤ

ダイヤはわかりやすいですよね。ダイヤといえばお金、なのでこちらはお金を取り扱う商人を象徴しています。

こちらは地の星座を意味しているとのことですね。

ハート

ハートは愛、聖杯を連想させるので、こちらは聖職者を象徴しています。

勿論こちらにも星座が位置付けられており、こちらは水の星座を意味しているそうです。

スペード

スペードは剣を示すことから、剣を用いて戦う騎士を象徴としています。

こんな感じで、4つのスートはそれぞれの職業を意味しているのです。

風の星座という意味もあり、スペードは死を意味している、という説もあります。

更に、ダイヤとハートは赤、クローバーとスペードは黒で描かれているのはご存じと思いますが、赤は日の出から日の入りまでの時間、つまり昼の時間、黒は日の入りから日の出までの夜の時間を意味しているそう。

たった4つのスートにここまでの意味が記されているのもすごいですよね。

スペードのAだけ大きすぎ?そこに隠された意外な理由

トランプの枚数やスートに意味があることがわかったところで、今度は中身に触れていきたいと思います。

まずは簡単な物からいきましょう。

ということで、ここで一つ思い浮かべてみて下さい。

どのトランプを見ても、スペードのAだけ妙に派手で大きなデザインをしていませんか?

実はこれ、ただ派手なデザインにしているわけではなく、ちゃんとした理由があるんです。

 

これは昔、カードゲームが盛んになった頃にイギリス政府がトランプ自体に税金をかけていたのが理由です。

税金を納めている印を押されるようになったのがこのスペードのAで、そこからデザインが大きくなったというのが由来とされています。

派手なデザインは偽造防止のためで、当時の脱税を防ぐためだったそうです。

 

また、スペードのAにのみ、製造業者がわかるように印字をしないといけなかった、という仕組みも関係しているそうですが、課税自体が撤廃されてからもスペードのAへのデザインは生き続け、製造業者の顔といえる商標として今も使われ続けている、というわけです。

トランプ自体に税金がかかること自体も驚きですが、その印がデザインの元になってしまうなんて、びっくりですよね。

トランプに描かれている人って誰なの?皆何で向いている方向が違うの?

トランプのJ・Q・Kには人の絵が描かれてますよね。

これは当時のイギリスにおいて、歴史上の有名な人物がモチーフになっているそうです。

クローバーの偉人たち

ジャック…アーサー王に仕えた騎士でもある「ランスロット」をモチーフとしています。

クイーン…シャルル7世の妻、アンジュー公女マリーである「アルジーヌ」をモチーフとしています。

キング…マケドニア国王の「アレキサンダー大王」をモチーフとしています。

ダイヤの偉人たち

ジャック…トロイの王子「ヘクトル」をモチーフとしています。

クイーン…旧約聖書のヤコブの妻「ラケル」をモチーフとしています。

キング…古代ローマの軍人、政治家でもある「カエサル」をモチーフとしています。

ハートの偉人たち

ジャック…ジャンヌダルクの戦友でもある「ラ・イル」をモチーフとしています。

クイーン…カール大帝の子供の妻であり、ユダヤの女戦士でもある「ユディト」をモチーフとしています。

キング…フランク国王「カール大帝」をモチーフとしています。

スペードの偉人たち

ジャック…カール大帝の騎士「オジェ・ル・ダノワ」をモチーフとしています。

クイーン…ギリシャ神話の戦いの女神「パラス・アテナ」をモチーフとしています。

キング…古代イスラエル国王「ダビデ王」をモチーフとしています。

全てのカードの絵柄にここまでの意味が込められているなんて、驚きです。

 

そして、この偉人たちのお話はこれで終わりではありません。

それぞれのカードごとに偉人たちの顔が描かれており、皆見ている方向がバラバラですよね?

これにもちゃんとした意味があって、皆それぞれ嫌いなものを見ないようにしているのです。

全てのカードを見てみると、全員がスペードを見ないように顔を向けているのがわかりますか?

これはスペードが死を象徴する印だから、皆そこから目を背けているそう。

皆死を恐れているのですね。

 

逆に、ダイヤには皆目を向けているのがわかりますか?

目を向けているのはそれに対して興味がある、好意を抱いているという意味で、ダイヤが意味するお金、金銭には皆興味がある、あるいは好きであるということが読み取れますよね。

普通の人間なら当たり前ですが、お金が嫌いな人はいないということですね。

またこれは完全におまけですが、ハートのキングだけは唯一、お髭が生えていないそうです。そしてダイヤのキングは他のキングと違い、剣ではなく斧を手にしている、というのも違いとして挙げることが出来ます。

 

ここまででトランプに関する雑学、特にトランプ自体に込められている意味や理由を紹介してみましたが、いかがでしたでしょうか?

ちょっとおしゃれな、趣のある歴史や意味が隠されているのでかっこいいですよね。

誰かに話したくなりましたか?もしなっていただけていれば幸いです。

 

冒頭のWikiからの引用にもあるように、本来はトランプのことをプレイングカードと呼ぶのが一般的だそうです。

そもそもトランプというのは本来「切り札」という意味を持っており、それを聞いた日本人がトランプと呼び始めたのが始まりと言われているようです。

またトランプ自体の起源もはっきりと知られていなく、元々はタロットカードだったものが西洋に広まっていき、図柄や枚数、形などが広まった場所に応じて変化していき、最終的に今の形にまとまったのではないか、と言われています。

描かれているスートも昔は様々で、ゲームが行われていた国に応じてウサギやクマ、鈴やドングリなどといったスートが使われていたこともあったようです。

今のトランプのスートもおしゃれですが、昔使われていたスートでもプレイしてみたくなっちゃいますよね。

 

トランプを使ってババ抜きやポーカー、神経衰弱などのゲームをするのも勿論楽しいですが、こんな風にゲームをするために使われている道具の歴史や意味を知っておくのも、意外なことがわかったりして面白いと思いますので、トランプ以外でも調べてみると新しい発見があるかもしれません。

こうやって道具の意味を知ってからゲームをプレイするとまた新しい面白さがあると思うので、皆さまも今度からトランプをする時は自分の手札にあるカードごとに込められた意味を思い出しながら、デザインなども見返しつつプレイしてみて下さいね。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました