テキサスホールデムのルールや攻略法を解説

テキサスホールデム

一部のオンラインカジノで導入されているテキサスホールデム。ギャンボラでも遊べるゲームとなっています。

名前だけを聞くとどのようなゲームなのか分かりづらいかもしれませんが、テキサスホールデムとはポーカーを指します。

この記事では、テキサスホールデムのルールや遊び方を解説します。また、テキサスホールデムで利用できる攻略法やボーナスについても紹介します。

テキサスホールデムの遊び方

テキサスホールデムは、ライブカジノ形式で遊べるものが用意されています。

プログラム形式でオンラインカジノは用意していない傾向があるため、ライブカジノ以外では遊べないでしょう。ギャンボラにもライブカジノ形式が用意されています。

テーブルに座った後、ゲームが開始されます。ディーラーから2枚のカードが配られるため、他のプレイヤーの様子を見ながら、ベットやパス、サレンダーという選択を取ります。

最後のカードが公開されるまでベットを続けた場合、他のプレイヤーの持つ手札を確認し、役の強いプレイヤーが配当を得るという形になります。

 

基本的なルールはこのように作られていますが、オンラインカジノの場合はディーラーと1対1で勝負する形式が採用されています。

そのため相手はディーラーだけとなり、ディーラーに役で上回れば配当が獲得できます。ディーラーに負けた場合は賭け金が没収されます。

テキサスホールデムのルール

テキサスホールデムでは、手札として2枚が支給されます。

この2枚については最後まで公開されません。相手のカードも公開されません。

ディーラーはテーブルに3枚のカードを公開した状態で配布します。このカードは誰でも利用できるカードとなります。公開されている3枚のカードと2枚の手札を利用して、役が出来ているか確認します。

 

その後、役が出来ている場合はチップを出し、できていない場合や勝負できないと判断した場合はパス、または撤退する形になります。

撤退した場合はその時点で負けとなりますので、オンラインカジノの場合は最後まで粘ったほうがいいでしょう。

 

チップのやり取りが終わった後、ディーラーが追加のカード1枚を配布し、再び同じ形で役の確認を行います。

これをテーブルに5枚のカードが公開されるまで続け、最終的にディーラーとプレイヤーで役の確認を行います。この役が強かったプレイヤーの勝ちとなり、配当が得られます。

 

オンラインカジノの場合、配当はディーラーの役が強かったかどうかによって決まります。ディーラーの強い役をプレイヤー側が潰して勝利した場合、配当の倍率は大きくなります。

一方で役が作れなかったディーラーに対して、ワンペアで勝利した場合は2倍しか配当が得られないなど、弱い役では高配当に繋がらないようになっています。

テキサスホールデムのディーラー

テキサスホールデムはオンラインカジノ形式ではディーラーとのタイマン形式です。

ディーラーは心理戦などを仕掛けてくるわけではなく、淡々とゲームを進めるだけです。つまり、本来のテキサスホールデムとは異なるような形式になります。

本来のテキサスホールデムは、相手プレイヤーのカードやチップのベットによって、心理戦を仕掛けるという手段があります。

強引にチップを賭けて引きずり下ろすという方法も多々利用されますが、オンラインカジノのテキサスホールデムではその手法が使えません。

 

ディーラーは最後までゲームを進めるため、降りることはありません。また、最後のカード公開まで、心理戦に繋がるプレイをするわけでも無く、決められているルールをそのまま実行していくだけです。

少しつまらないような感じを受けますが、オンラインカジノのテキサスホールデムはルールを変えるしかないので仕方ないのです。

テキサスホールデムの攻略法

テキサスホールデムは、オンラインカジノと一般的なルールが異なるため、一般的に利用されているチップでのゴリ押し、レイズを活用した相手プレイヤーの撤退を誘う行為が使えません。

そのため、オンラインカジノで利用できる攻略法を模索していく必要があります。

賭け金は抑えておくのがいい

テキサスホールデムは、高配当を得る条件がかなり厳しくなっています。

ディーラー側にも強い役が揃わなければ、高配当に繋がらないケースが多くなっています。そのため2倍の配当に大きな金額を使いたくなりますが、この賭け方は非常に危険です。

理由として、テキサスホールデムの約はなかなか成立しない傾向があります。

また、自分が役を作っている場合、ディーラーにも同じ程度の役が成立している可能性が高く、思っていた以上に勝てない可能性があります。

 

高配当を狙うため、賭け金を増やす方法は危険です。

まずは賭け金を抑えてプレイするように心がけましょう。できる限り小さい金額で勝負し、高配当を得られるような環境を作って増やすという方法が望ましいでしょう。

高配当が出せるソフトウェアを選ぶ

テキサスホールデムは基本的にライブカジノ形式となりますので、ライブカジノのソフトウェアを知る必要があります。

ソフトウェア会社によってルールが異なり、配当を得るための手段が変わってくるためです。

一部のソフトウェアでは、どのような役で勝利したとしても配当は2倍しか得られなくなっています。

つまり、ディーラーの強い役を潰したとしても、得られる配当は固定されてしまうのです。配当の小さいテキサスホールデムでは勝てないため、より配当を増やせるものを選んだほうがいいでしょう。

 

テキサスホールデムを考える際には、役によって配当を変えられるシステムが導入されているか確認しておきましょう。

また、サイドベットなど、配当を増やすためのオプションが用意されているか見ておくと安心です。

細かいところまで見ておくと、テキサスホールデムの配当を増やしやすくなります。

デモプレイで慣れること

テキサスホールデムは他のオンラインカジノゲームよりも難しい傾向があります。

ルールも複雑ですし、ディーラーとの勝負という方法はテキサスホールデムとは異なるイメージを持ちます。

できる限り、お金をかける前にデモプレイで慣れたほうがいいでしょう。

ギャンボラのテキサスホールデム

ギャンボラでは、テキサスホールデムで利用できるボーナスが用意されています。

このボーナスを使っておけば、テキサスホールデムの軍資金を増やせるメリットがあります。ただ、キャッシュを使い切らないと、ボーナスを使えない点には気をつけてください。

また、テキサスホールデムはライブカジノとして扱われますので、ボーナスの出金条件には10%分の金額しか加算されません。

ボーナスを多く受け取っている場合は、ボーナスを出金させるためにかなりの時間が必要となります。他のゲームと併用するなどして消化していくといいでしょう。

まとめ

テキサスホールデムは、本来提供されているルールとは異なるものがオンラインカジノで採用されています。

ギャンボラでもオンラインカジノ用のルールが採用されていますので、一般的なテキサスホールデムとは異なる方法と判断したほうがいいでしょう。

また、テキサスホールデムは配当を増やすために役が必要となります。

運が求められるゲームとなりますので、ポーカーのルールをしっかり理解した上で勝負するといいでしょう。配当を増やしやすいテーブルを見つけることも忘れないでください。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました