テキサスホールデムの攻略法や勝ち方を解説

テキサスホールデム

ギャンボラでも採用されているテキサスホールデム。

オンラインカジノで遊ぶ場合はディーラーとの直接対決となります。

一見すると運要素が非常に強く見えるゲームですが、実は勝ち方や攻略法を知っていないとなかなか勝てないように作られています。

この記事では、テキサスホールデムの攻略法や勝ち方について解説します。初心者の方はこの記事を読んで参考にしてください。

テキサスホールデムは運だけでは片付けられない

ギャンボラでも遊べるテキサスホールデムというのは、運だけで勝てるように思われますが、実際には運以外にも必要な要素があります。

テキサスホールデムをギャンボラで遊ぶ場合、ディーラーとの直接対決で勝負し、勝利した場合に配当が得られます。

ディーラーは基本的に降りないため、本来であれば必要とされる駆け引きというのは必要ありません。大事なのは自分の状況を把握して戦うという部分です。

 

また、ディーラーの情報はなかなかつかめないため、自分の役があまりにも弱い状況であれば撤退するというのも1つの手段となります。

自分が勝てないような手札で勝負しても、明らかにディーラーに負けるのは明確です。回転数を上げるために撤退するというのも手法として用意されています。

テキサスホールデムで効率的に勝つためには、運要素以外にも立ち回りが求められます。自分が勝つために勝負していくのか、それともこれ以上厳しいので撤退するか、しっかりと考えながら行動していく必要があるでしょう。

テキサスホールデムの攻略法

テキサスホールデムの攻略法ですが、基本的に自分の役を見て立ち回るというのが一番重要になります。

最初に配布された手札2枚、そして公開されている3枚のカードで役が出来なかった場合、これはそのまま勝負したほうがいいでしょう。次に公開されるカードによって、役ができる可能性もあるためです。公開された3枚だけでサレンダーするのは止めましょう。

しかし、4枚目のカードが公開されても、役が作られるとは思えない状況であれば撤退してください。4枚目で役が出来ていないのは非常に不利だからです。

ディーラー側が薬を作っている可能性も十分あるため、基本的には撤退して次のゲームに移動したほうがいいでしょう。

 

5枚目のカードが公開された時、自分の役がどれくらい強いかで勝負する度合いも考えてください。

かなり強い役だと考えているならレイズによる賭け金増加を狙ってもいいでしょう。

一方で役が弱いと判断している時は、無理をしないためにベットする金額は最小限に抑えたほうが無難です。

 

テキサスホールデムの基本的な立ち回りとして、初期に公開されているカードで強い役が出来ている時はレイズなどで賭け金を増やして勝負、弱い役であれば少額だけをベットしながら様子を見る方法が望ましいでしょう。

4枚目のカードが公開された時に最終的な立ち回りを考えて実行し、5枚目が公開された時に方針を変えないような立ち回りを考えましょう。

テキサスホールデムで利用できるベット攻略法

テキサスホールデムはゲーム性の関係で様々な攻略法が使えなくなっています。

具体的にはマーチンゲール法による回収、パーレー法による倍プッシュといった方法は使えません。つまり負けないように立ち回るのは難しい傾向があります。

そこでテキサスホールデムで活用できるベット法を覚える方法をおすすめします。テキサスホールデム専用で使えるベット法はいくつかあるため、覚えておくと負けづらくなるでしょう。

強い役ではどんどんベットする

基本的に強い役ならどんどんベットし、大金をかけて勝負するのがいいでしょう。

具体的には、フルハウス以上の役が揃っているのであれば大きな勝負を狙っても構いません。フルハウスが確定していれば、ディーラーがそれ以上の役を作っている可能性が極端に減りますので、負ける傾向は大幅に減ります。

賭け金を増やして高配当を得るのは非常に良い方法です。

 

場合によってはレイズを使ってもいいでしょう。レイズというのは賭け金を倍にするもので、通常のベットよりも多くの金額がつぎ込めます。より多くの金額を入れることで、勝利した時の配当を増やすのもいい方法です。

ただ、公開されているカードで役が成立している場合は気をつけてください。

公開されたカードで2ペアが作られている場合、ディーラーもフルハウスや4カードといった強力な役を持っている可能性もあります。この場合は様子を見て賭け金を増やすといいでしょう。

弱い役ではベット額を縮小させる

役が弱いと判断される場合は、基本的にベットする金額を抑えてください。大金を注ぎ込んでも勝てる保証はありません。

具体的には3カードや2ペア程度であれば、ベットする金額はあまり増やさない方向で進めます。

ディーラー側が上回る可能性はあまり無いと思われますが、場合によってはフラッシュやストレートといった強い役を持っている可能性があります。

 

自分が勝てる自身がないと判断している場合は、一般的なベットのみに抑えておき、レイズなどの強いベットは避けるようにしましょう。

強引に賭け金を増やした結果、ディーラー側の役が強すぎて勝てないといった問題に直面しないように対応するのです。

1ペア程度であれば撤退も考える

1ペアが4枚目のカード公開まで作られない場合、または5枚目まで進んでも1ペアしか作れなかった場合、勝負しても勝てない可能性があります。

場合によっては撤退も含めて調整したほうがいいでしょう。

1ペアで勝てる可能性は極端に低く、ディーラーと引き分けになるか負ける可能性のほうが高くなります。それだけ1ペアというのは作られやすい役となっており、どのような状況でも発生する可能性があります。

 

4枚目のカードまでに役が作られない、または1ペア程度で勝負しづらい状況であれば、最終的に負けるくらいなら撤退して次のゲームに移動したほうがいいでしょう。

より強い役で大きな賭け金を投じれば、負けた金額は回収できるようになります。

とにかく弱い役ではテキサスホールデムで勝てないため、強い役の時にどこまで押すかという部分を考えるようにしてください。

ディーラーのカードを予想するのは困難

ブラックジャックではディーラーのカードを強いものとして予想するのが一般的な攻略法ですが、テキサスホールデムでは相手のカードを一番強いと予想するのは難しいものです。最大の役が読みづらいという部分が影響しています。

公開されているカード以外に情報はわからないため、相手の手札次第ではかなり強い役が作られている可能性もあります。

しかし、ディーラー側が役を揃えていない可能性も十分あります。つまり、ディーラーのカードを予想して勝負するのは難しいのです。

ディーラーの仕草などで勝負するか決めるのも難しいため、基本的には自分の役を見ながら勝負していく方針で考えましょう。

まとめ

ギャンボラのテキサスホールデムは、攻略するのが難しいゲームとなります。

基本的には自分の役を見ながらベットしていく方法が望ましいため、相手のカードを予想して勝負する立ち回りは避けましょう。自分が強いと判断したタイミングで大きな勝負に出るのが一番勝ちやすいのです。

ディーラー側の役が弱くなりそうな状況で、自分の役が強力であった場合は、積極的にベットを増やして獲得できる金額を増やしてもいいでしょう。賭け方次第ではテキサスホールデムで大きな勝利も可能になります。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました