ギャンボラ(オンラインカジノ)でジャックポットが狙える?ジャックポットについて解説

スロット

ギャンボラは新しく登場したオンラインカジノの1つですが、ジャックポットを採用しているサイトでもあります。

ジャックポットは一攫千金を得られる可能性を持つ特別な配当です。

しかし、的中率が非常に低く、ほぼ見られないような状況となっています。

今回はオンラインカジノが持っているジャックポットについて説明します。また、ジャックポットを得る際に検討する要素についても解説します。

ジャックポット大当たりとは?

ギャンボラを始めとして、様々なオンラインカジノで採用されているのがジャックポットです。

ジャックポットは一般的な配当と違い、ジャックポットとして用意された金額が支給されます。受け取れる金額については固定されておらず、オンラインカジノ側が用意した金額となります。

ジャックポットが採用されているのは主にスロットです。

スロットの一部ではジャックポット用のシンボルが用意されていて、必要な数を揃えればジャックポットが支給されます。

必要なシンボルはスロットによって異なりますが、すべてのリールでジャックポットシンボルを揃える機種もあります。

 

対象となるスロットでは、ジャックポット関連の配当が必ず記載されています。

ギャンボラでも対象機種についてはジャックポットの金額が記載されており、現時点でどれくらいの配当が得られるのかしっかり見られるようにしています。

一方でジャックポットの記載が無ければ基本的にジャックポットは無いと判断していいでしょう。

ジャックポットを獲得できる事例

ギャンボラでも提供されるオンラインカジノのジャックポットですが、支給される事例は様々です。

ジャックポットが1つだけに設定される場合、ジャックポットのシンボルを指定数揃えばジャックポットとなります。

それ以外の場合はジャックポットが得られず、的中していない扱いとなります。

 

一方でジャックポットミニを採用しているスロットの場合、ジャックポットシンボルを3つ揃えればミニの配当が得られるなど、複数のジャックポットを採用している機種もあります。

この場合はジャックポットシンボルを最大数揃えると配当の高いジャックポットが支給されます。

その他、一部のルーレットやブラックジャックでは、厳しい条件をクリアした場合に限りジャックポットが支給されるものもあります。

ブラックジャックの場合は特殊形式となりますので、ギャンボラのブラックジャックを1つ1つ確認する必要があります。

ジャックポットの配当

ジャックポットの配当は固定されていません。理由はジャックポットの金額はユーザーが利用した金額から計上されるためです。

ジャックポットスロットでは、ユーザーが遊んだ金額をジャックポットの配当に加算しており、的中するまでその金額が上昇するシステムを採用しています。つまり、ジャックポットが出ないままだとどんどん配当は上昇していくのです。

ギャンボラでもなかなかジャックポットが登場していないため、配当が既に100万ドルを超えるような機種も存在します。

ジャックポットの金額によっては、一生かけても得られないような配当を獲得できる場合もあり、まさに一攫千金と言えるでしょう。

ジャックポットの確率

ジャックポットは非常に低確率で発生するもので、そう簡単に出ないようにしてます。

フリースピンが出る確率よりも圧倒的に低く設定されており、中には100万分の1程度まで確率を下げている機種もあります。

ギャンボラが採用しているスロットでも、10万分の1よりも低い設定値にしている機種があります。

ここまで的中率を下げている理由は言うまでもありませんが、オンラインカジノ側が損をあまり出さないように、ソフトウェア会社がジャックポットについては厳しく設定しているためです。

なかなかジャックポットが見られないのは、そもそもの的中率が圧倒的に低いためと判断してください。

あまりにも的中率が低すぎたことで、3年以上ジャックポットが登場していないスロットも存在するなど、ジャックポットというのは年間でもなかなか見られない状態なのです。

もちろんそれは本場ラスベガスのカジノにあるジャックポットでも同様のことは起こってますし、的中したときの配当金は数十億円規模にも昇るので、やはり夢を買う感覚なんですよね。

ジャックポットの注意点

ジャックポットは非常に美味しい配当を獲得できますが、実は注意点も多数あります。

これからジャックポット系のスロットで遊ぶ際は、解説する内容に気をつけたほうがいいでしょう。

スロット全体が辛い設定の場合もある

ジャックポット系のスロットは、ジャックポット以外でも配当を提供できるようにしています。

しかし、ジャックポットも含めて設定が辛くなっている傾向が多く、なかなか利益を生み出せない可能性があります。

理由としては、ジャックポットの金額を少しでも積み上げるためです。ジャックポットは負けた金額から支給されるもので、勝利した際の金額は加算されない機種が多くなっています。何度も勝利されてしまうと、ジャックポットとして加算できる金額が不足してしまいます。

 

ギャンボラのジャックポットも、スロットの設定が厳しいものが多数あり、一般的な的中さえなかなか得られないような状況が起こりやすくなっています。

勝ちやすいスロットを探しているのであれば、ジャックポット系は避けて考えるのもいい方法です。

ジャックポット系のスロットはベット額もやや多い傾向あり

スロットは0.1ドル程度から遊べるものも多くなっています。

ギャンボラで用意されているスロットでも、負担が小さくなっているものが確認されています。

しかし、ジャックポット系のスロットはベット額が大きく設定されるものも多く、お金を吸い込まれる傾向が強まっています。これもジャックポットを作り出すために導入されているルールとなっています。

ベット額が多くなってしまうと、的中した時の配当も増えるメリットを持っています。

ただ、損失が増える可能性も非常に高くなっており、フリースピンや高配当絵柄をしっかり揃えないことには勝てないような状況が起こりやすくなります。

ジャックポットを得られれば一発逆転できるメリットもありますが、それ以上に通常時の吸い込みが厳しい傾向もあるため、最高配当を得られないことにはなかなか勝てない機種がジャックポットには多いと判断してください。

ジャックポットを受け取っても一括の出金は難しい

ギャンボラを含め、オンラインカジノ全てで適用されている、出金額の上限によってジャックポットは全額の出金に時間がかかります。

一括での出金は基本的にできないものと判断してください。

仮にジャックポットを受け取った場合、その金額は100万ドルを超えるケースも多々あります。一括で出金しようと考えても、1回の出金上限が決められている以上、一括での出金は不可能となります。

 

ジャックポットを出金する際は、基本的に数回に分けて対応する必要があります。また、ボーナスを利用していた場合は、ボーナスの出金条件も含めて満たしておくといいでしょう。多少の損失を覚悟しても、ボーナスを出金したほうが更に得をする場合が多いのです。

まとめ

ギャンボラでも有名になっているジャックポットですが、基本的には的中率が低く、当たったら大儲けできるものと判断していいでしょう。

ジャックポット系のスロットで遊ぶ際は、まず軍資金をしっかり確保して、継続してスロットに挑戦する体制を整えましょう。

運が良ければ、これまでにない配当を獲得し、生活を変えられる可能性があります。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました